2022年06月03日

マイナ保険証の取得義務化より、公的医療保険の一元化を優先しよう

令和4年(2022年)5月27日の東京新聞を読んでいたら、マイナンバーカード あの手この手でついに事実上の取得義務化? 政府の健康保険証、2年後廃止方針と題した記事が掲載されておりましたが、一部を紹介すると次のようになります。

『厚生労働省は25日の部会で、「よりよい医療を受けるため」だとして、2年後には現在の健康保険証を廃止して、マイナンバーカードを保険証代わりにする方針を打ち出した。

「国民皆保険」の日本だから、事実上、同カードの取得が義務化されるに等しい』

『政府は来年度末までに、ほぼ全ての国民にマイナンバーカードが行き渡る目標を掲げるが、取得率は現在44%。

経済ジャーナリストの荻原博子氏は「一般の人が保険証などとマイナンバーカードを分けておき、リスク分散しておきたい感覚はとても正常だ。

マイナ保険証の議論は国民の合意が深まり、取得率も100%に近づいた後の話だ。リスクの説明はせず、良い話しか言わない国の姿勢は信用ならない」と話す』

『保険証代わりにカードを使うシステム自体は、昨年10月に始まった。ただ、全国の病院や薬局などのうち、カードの読み取り機器を用意して対応しているのは、わずか19%だ。

受診できる施設を増やそうと、今年4月の診療報酬の改定では、システムに対応する医療機関が受け取る報酬が加算された。

当然、患者の自己負担が増加。公的保険で負担三割の患者の場合、窓口での支払いは初診で21円、再診で12円、調剤で9円増えた』

以上のようになりますが、この記事を読んでみると、マイナンバーカードの取得率は、44%に止まっている事がわかります。

またマイナンバーカードを健康保険証として使うには、所定の登録手続きを行い、マイナンバーカードをマイナ保険証にしておく必要があります。

そのため病院などの窓口でマイナ保険証を使える方は、44%もいないと推測されるのです。

実際にマイナ保険証を使う場合、病院などの窓口に設置されたカードリーダーに、マイナンバーカードをかざします。

そうすると各人が現在、どの公的医療保険(健康保険、国民健康保険、後期高齢者医療など)に加入しているかなどの、確認が行われるのです。

これはオンライン資格確認と呼ばれており、マイナンバーカードの表面に記載されたマイナンバーではなく、マイナンバーカードのICチップに内蔵された電子証明書が、この時に使用されます。

冒頭で紹介した記事によると、カードリーダーを設置している病院などは、令和4年(2022年)5月時点で、19%に止まっているそうです。

こういった状況の中で、現在の健康保険証を2年後に廃止し、マイナ保険証だけにするというのは、かなり無理があると思います。

そもそも現在の日本は、国民が加入する公的医療保険の種類が多すぎて、カオス状態になっているのです。

例えば自営業者、フリーランス、無職の方などは、国民健康保険に加入しますが、この制度は市区町村と都道府県が運営するものと、国民健康保険組合が運営するものの、2種類に分かれているのです。

一方で会社員などの被用者は健康保険に加入しますが、この制度は全国健康保険協会が運営する協会けんぽと、健康保険組合が運営する組合健保の、2種類に分かれているのです。

前者の全国健康保険協会は、船員の方が加入する船員保険も運営しているため、被用者保険は全部で3種類になります。

ただ国家公務員、地方公務員、私立学校の教職員の方は、それぞれが属する共済組合から、健康保険と同じような保険給付を受けており、こちらも含めると6種類になるのです。

原則として75歳になると、各都道府県にある広域連合が運営する、後期高齢者医療に加入するため、職業などによる違いはなくなります。

このように日本の公的医療保険は複数に分かれているため、例えば会社員の方であれば、在職中は健康保険、失業中は国民健康保険というように、加入する公的医療保険を切り替える必要があります。

また病院などの職員が、どの公的医療保険に加入しているかなどを、確認しなければなりません。

この資格確認の作業を、マイナ保険証とカードリーダーを活用して、簡略化しようという訳です。

ただ公的医療保険が一元化され、一つだけになった場合には、資格確認の作業がもっと簡略化されるため、政府が優先すべきなのは、マイナ保険証の取得義務化より、公的医療保険の一元化だと思うのです。

国家公務員、地方公務員、私立学校の教職員が加入していた共済年金は、平成27年(2015年)10月に、厚生年金保険に統合されました。

このように被用者の公的年金を一元化できるのなら、被用者の公的医療保険くらいは、一元化できると思うのです。
posted by FPきむ at 20:41 | 保険について思うこと、考えること | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする