2021年04月03日

マイナンバーカードと保険証の一体化は、「三歩進んで二歩下がる」になる

令和3年(2021年)2月4日の毎日新聞を読んでいたら、マイナンバー4000件誤入力 厚労省、カードの保険証利用延期と題した記事が掲載されておりましたが、一部を紹介すると次のようになります。

『マイナンバー(個人番号)カードを健康保険証として利用できる新システムで公的医療保険の加入者約4000人分の個人番号が他人と取り違えるなど誤入力されていたことが分かった。

患者が受診する際、他人の個人情報が医療機関の端末に表示されるおそれもあるという。他にも患者情報が確認できないトラブルが相次ぎ、厚生労働省は予定していた3月下旬の本格運用を遅ければ10月に延期する。

政府はカードを普及させるため、保険証との一体化を計画。受診時の本人確認がカードで済むオンラインシステムを構築し、健康保険組合など保険者に加入者のデータをシステムに登録するよう求めていた。今月4日から一部医療機関と薬局で試験運用を始めた。

しかし、今月22日時点で、健康保険組合などが加入者の個人番号を登録した際、他人と取り違えるなどの入力ミスが約4000件あった。関係者によると、昨年10月に入力が始まった当初はもっとミスがあり、その修正が間に合わなかった。

今年10月以降の本格運用では医療機関の端末から患者の薬の処方歴が閲覧できるようにするが、個人番号を取り違えたままだと他人の情報が表示される可能性があるという。

他にも、被保険者番号が正確に表示されないケースが約3000件、健康保険組合などが個人番号を登録していないケースが約180万件あるという。一連のデータの不備により、試験運用段階で本人確認ができないケースもあった』

以上のようになりますが、この記事の中に記載されているように、政府はマイナンバーカードと保険証の一体化を、10月くらいまで延期するようです。

手元にある保険証を病院などの窓口に提示すれば、2割〜3割の自己負担で診療を受けられるため、延期になっても特に困らないのですが、先が思いやられます。

一体化が延期になった理由は、健康保険組合などが加入者のマイナンバーを登録する際に、入力間違いをしたからのようです。

それ以前にマイナンバーを登録していなかったケースが、約180万件もあったようです。

身元不明の「宙に浮いた年金記録」の一部も、こういった入力間違いや入力漏れによって発生しており、かつ未だにすべてが解決していないため、正しい登録が完了するまでには、かなりの時間がかかると思います。

ただ健康保険組合などは急ピッチで、入力間違いを修正したり、未入力のマイナンバーを入力したりすると思うので、おそらく10月にはマイナンバーカードと保険証の一体化が、何とか実現するはずです。

ただ人間のやる事に完璧はないですから、10月以降に新しい社員が入社してきて、マイナンバーを登録する際に、再び入力間違いや入力漏れをする可能性があります。

こういった事態が起きれば、おそらく病院などの窓口で、マイナンバーカードを使えないはずです。

そうするとやっぱり保険証の方が安心という話になるので、マイナンバーカードと保険証の一体化は後退するのです。

もうひとつの懸念としては、マイナンバーカードと電子証明書には、有効期限があるという点です。

例えばマイナンバーカードは、発行日から10回目の誕生日(20歳未満は発行日から5回目の誕生日)が、有効期限になります。

またマイナンバーカードに格納されている電子証明書は、発行日から5回目の誕生日が、有効期限になります。

これらの有効期限を知らなかった、または知っていたけれども、うっかり忘れてしまったなどの理由で、更新できない方が出てくる可能性があります。

特にマイナンバーカードに格納されている電子証明書は、市区町村の窓口まで行かないと、更新手続きができないため、例えば仕事が忙しくて更新できなかったという方が、多発するかもしれません。

もし電子証明書の更新ができなければ、病院などの窓口でマイナンバーカードを使えないはずです。

そうするとやっぱり保険証の方が安心という話になるので、マイナンバーカードと保険証の一体化は後退するのです。

このようにマイナンバーカードと保険証の一体化を、後退させてしまうものは、意外に多いのです。

もちろん後退が進めば政府は、何かしらの対策をうってくるため、いずれ後退は止まり、また前に進んでいくと思います。

そのためマイナンバーカードと保険証の一体化は、一直線に進んでいくのではなく、「三歩進んで二歩下がる」を繰り返しながら、ゆっくりと実現していくと予想しております。
posted by FPきむ at 20:03 | 保険について思うこと、考えること | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする