2020年07月14日

新型コロナの影響で生命保険は、「シンプル化」と「掛け捨て化」が進む

令和2年(2020年)6月24日の東京新聞を読んでいたら、明治安田、ネットでの加入開始へ 保険会社本体初、コロナで訪問難と題した、次のような記事が掲載されておりました。

『明治安田生命保険が2021年4月から、インターネットで保険商品の加入手続きを始めることが24日、分かった。大手生保が子会社ではなく本体で手掛けるのは初めてとなる。

これまで営業職員による対面販売を重視してきたが、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて顧客への訪問が難しくなっているため、見直しを図る。

スマートフォンアプリを通じて申し込みできるようにする。本人確認書類などをカメラで読み取り、オンライン上で送る機能も付ける方針。

ただ本人の希望があれば、全ての手続きをネットで完了させることはせず、重要事項の説明を従来通り職員が電話や対面で行う』

以上のようになりますが、この記事の中に記載されているように、インターネットで生命保険の加入手続きができるようになると、営業職員による対面販売は、大幅に縮小していくと思います。

ただこのような対面販売の縮小は、新型コロナウイルスの影響で始まったのではなく、新型コロナウイルスの影響で加速したと言った方が、正しいのかもしれません。

そのように考える理由として、平成28年(2016年)8月29日のダイヤモンドオンラインの、金融業界でなくなる職種ランキング!個人向け営業職は「危険水域」という記事に、次のように記載されていたからです。

『金融(ファイナンス)とデジタル技術(テクノロジー)が融合した「フィンテック」。ここに今、ビジネス界から熱視線が注がれている。

すでに世界では決済や融資などの分野でテクノロジーを駆使し、既存の大手金融機関を脅かす企業が台頭しており、金融エリートの職業が奪われる──。そんな見方が浮上しているのだ。

そこで本誌は、国内の有力フィンテック企業100社の最高経営責任者(CEO)と最高技術責任者(CTO)に対し、アンケートを試みた。

金融業界の代表的な20の職種を挙げ、「フィンテックの台頭で今後、金融業界においてどの職種がなくなっていくと思うか」を質問。

可能性が高い順に5つの職種を選んでもらい、1位なら5ポイント、2位は4ポイント、3位3ポイント、4位2ポイント、5位1ポイントとして合計ポイントをランキング化した。90人から回答を得た』

『2位は生命保険を販売する保険外交員、いわゆる「生保レディー」だった。マンパワーの営業攻勢に頼る旧来型の手法は人件費がかさみ、保険料も高くつきやすい。

ネット専業生保が手ごろな保険料を武器に存在感を放つ中、競争環境は厳しさを増している。

年齢や職業などの情報から契約希望者に最適なプランを提示するなどIT(情報技術)活用がさらに進めば、生保レディーへの消費者のニーズは一段と遠のくことになる』

以上のようになりますが、この記事が最初に掲載されたのは、今から4年前になります。

この時点で営業職員による生命保険の対面販売は、大幅に縮小するどころか、いずれ消滅すると予想されているのです。

しかも消滅するまでの年数は、7.4年(すでに4年が経過しているので残りの期間は3.4年)と予想されているため、遠い未来の話ではないのです。

この記事を最初に読んだ時、あと数年で消滅するという予想を、あまり信じられなかったのですが、冒頭で紹介した明治安田生命の記事を読んだら、現実的な気がしてきました。

また新型コロナウイルスが予想の実現を、加速させているような気がしたのです。

消滅するまでの残り3.4年で、どのような変化が起きるのかについて考えてみたら、次のような2つのキーワードが頭に浮かんできたのです。

(1)シンプル化
営業職員から説明を受けない場合、従来のように保障内容が複雑だと、これを十分に理解できない可能性があります。

そのため保障内容のシンプル化が進んで、理解しやすいものに変わっていくと思うのです。

ただシンプル化だけだと、ネット専業生保が販売する商品と似たものになってしまうため、上記のフィンテックなどを活用して、差別化を図っていくと予想しております。

(2)掛け捨て化
平成28年(2016年)1月に日銀(日本の中央銀行)が、マイナス金利政策を導入した後は、生命保険の「予定利率」(契約者に対して約束する運用利回り)を、大幅に引き下げる必要がありました。

そのため貯蓄型(終身保険など)については、従来からある円建て保険だと、魅力的な商品を提供できなくなったため、外貨建て保険の販売に力を入れ始めたのです。

しかし新型コロナウイルスによる経済の低迷を下支えするため、世界各国の中央銀行の多くは、政策金利を0%近くに引き下げしたため、外貨建て保険でも魅力的な商品を提供できなくなりました。

世界各国の中央銀行の多くは政策金利を、しばらくは引き上げしない方針のようなので、このような状況は数年に渡って続いていきそうです。

そうなると生命保険は貯蓄型から、保障を重視した掛け捨て型に、変わっていくしかないと思います。
posted by FPきむ at 20:33 | 保険について思うこと、考えること | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする