2020年04月20日

これからは貯蓄のためでなく、借入と相続税のために生命保険に加入する

令和2年(2020年)3月29日のマネーポストWEBを読んでいたら、保険会社が導入するコロナ支援策 払込猶予や貸付金利免除もと題した記事が掲載されておりましたが、一部を紹介すると次のようになります。

新型コロナウイルスの感染拡大が、日本経済にも暗い影を落としている。特に、シフトが減らされたパートやアルバイト、自営業者やフリーランサーの中には、深刻な収入減に直面している人も少なくないだろう。

こうした事態を受けて、多くの保険会社が特別措置を取っているのをご存じだろうか…(中略)…

さらに、まとまったお金が必要になった人にも、使える制度がある。貯蓄型の生命保険などでは解約返戻金の一定範囲内で貸し付けを受けられる「契約者貸付」という制度があるが、多くの保険会社がこの金利を特別に0%にする措置を取っているのだ。

契約者貸付は、保険の保障はそのまま継続しながらお金を借りられるしくみで、平時であれば金利がかかる。ただ、この金利はカードローンなどを利用するよりも安いので、お金が必要なときには優先して検討したい選択肢だ。

今回、新型コロナウイルスの感染拡大で資金が必要な人のために、多くの保険会社がこの金利を免除している。

期間は保険会社によって差があるが、貸付を受けられるのが5月末まで、0%金利が適用されるのは9月末までというところが多いようだ。

また、貸付に必要な書類を簡略化し、より簡単な手続きで早く資金を受け取れるようにしている保険会社もある』

以上のようになりますが、令和元年(2019年)の後半に、明治安田生命などの一部の生命保険会社が、貯蓄性と死亡時の保障を併せ持っている、一時払い終身保険の販売を、休止したという報道がありました。

この理由について調べてみると、生命保険会社が「予定利率」(契約者に対して約束する運用利回り)を決める際には、「標準利率」(国債の利回りを元にして金融庁が決定)を指標にしております。

一時払い終身保険の標準利率は0.25%だったのですが、令和2年(2020年)1月から、過去最低の0%に引き下げられる事が決定したため、予定利率も同程度に引き下げする必要があります。

これにより魅力的な商品を開発できなくなるので、一部の生命保険会社は標準利率が引き下げられる前に、一時払い終身保険の販売を休止したようです。

円建ての一時払い終身保険は、このような状態になっているため、生命保険会社としては今まで以上に、外貨建ての一時払い終身保険の販売に、力を入れる必要があります。

しかし新型コロナウイルスの影響により、世界各国の中央銀行は政策金利を、0%近くに引き下げしたため、外貨建ての一時払い終身保険でさえも、かつてのような貯蓄性はないのです。

そうなると一時払い終身保険のような貯蓄型の生命保険に、加入する必要性がなくなります。

ただ冒頭で紹介した記事の中に記載されているように、金銭的に困った時に金利0%で借入ができるなら、貯蓄型の生命保険に加入しても良いかなと思えてくるのです。

なお契約者貸付の貸付利率は、「予定利率+0.5%〜2%」くらいになるため、ここ最近に加入した予定利率の低い生命保険であれば、金利0%の期間が終わっても、それほど金利は高くならないと思います。

一方で何十年も前に加入した、予定利率の高い生命保険は、金利0%の期間が終わると、一気に金利が高くなるため、金利0%の期間が終わる前に、貸付を受けておいた方が良いと思います。

ところで平成27年(2015年)以後は相続税の最高税率が、50%から55%に引上げられました。

また相続や遺贈に係わる基礎控除額が縮小され、改正前と比較して6割程度になりました。

これにより地価が高い都市部だと、サラリーマンの家庭でも、相続税が課税される可能性が出てきたのです。

相続税の対策として、それほど手間がかからないものとしては、生命保険があると思います。

例えば次のような契約形態で生命保険に加入した場合、受取人が死亡保険金を受け取ると、相続税が課税されます。

・契約者(夫)−被保険者(夫)−受取人(妻)

注:契約者とは「保険料を支払う方」、被保険者とは「亡くなると死亡保険金が支払われる方」、受取人とは「死亡保険金が支払われる方」になります。

ただ死亡保険金の受取人が、妻や子供などの「法定相続人」の場合には、「500万円×法定相続人の数」まで、相続税が課税されません。

つまり死亡保険金の金額が、この範囲内に収まっている場合には、相続税が課税されないため、相続税の対策になるのです。

またこのように生命保険を活用する場合には、予定利率が0%に近くになり、貯蓄性がほとんどない一時払い終身保険でも、十分に役立つと思います。
posted by FPきむ at 20:03 | 保険について思うこと、考えること | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする