2019年10月03日

韓国の皆さん!「盗人猛々しい」のは日本ではなく、日本郵政の方でした

令和元年(2019年)9月29日の現代ビジネス(講談社)を読んでいたら、NHKは日本郵政の「圧力」になぜ屈したか、ウラに隠された事情と題した記事が掲載されておりましたが、一部を紹介すると次のようになります。

『かんぽ生命保険の不適切販売を指摘した「クローズアップ現代+」をめぐり、NHKが日本郵政グループの抗議を受けて続編の放送を延期していたことを毎日新聞がスクープした。

記事を読んで、「またか」と思わざるを得ない。NHKが外部の圧力に屈するのは、これまでにもたびたび繰り返されてきたからだ』

『昨年4月の放送は、かんぽ生命保険の不適切販売の実態を最初に指摘したもので、私もテレビで見たが、丹念な調査に基づいた説得力のある番組だった。

今になってみれば、この放送を受けて他のメディアも追随してこの問題を取り上げ、金融庁も調査を始めたわけである。

放送があった当時、ことの重大性を十分に認識せずにNHKに抗議する日本郵政の居直りぶりこそが大いに問題だと思うのだが、それにしても、なぜNHKはこうも弱腰だったのか。

カギは、抗議してきたのが、日本郵政だったことにある。日本郵政には、元総務次官だった鈴木康雄副社長をはじめ総務省の元幹部が多い。総務省は放送行政を所管する。要は、NHKは頭が上がらないのである』

以上のようになりますが、皆さんもご存知のようにNHKは、受信契約者から徴収した受信料で成り立っております。

それに対して民放のテレビ局は、スポンサーからの広告収入で成り立っているのです。

このスポンサーの中には、生命保険会社も含まれているので、民放のテレビ局は生命保険会社を批判する番組を、作りにくいと思います。

もちろんテレビ局だけでなく、ラジオ局や出版社なども、同じような事情があると考えられます。

しかしNHKは民放のテレビ局と違って、広告収入を期待する必要がないため、生命保険会社を批判する番組を作りやすいのです。

ですから冒頭で紹介した「クローズアップ現代+」を見た時、HNKらしい良い番組だと、賞賛したい気持ちになったのですが、日本郵政からの抗議を受けて、続編の放送を延期していたという事で、がっかりした気持ちになりました。

なぜ続編の放送を延期したのかというと、「放送行政を所管するのは総務省→日本郵政には総務省の元幹部が多い→日本郵政の抗議は受け入れた方が良い」という、大人の事情があったようです。

そうなると抗議したのが日本郵政ではなく、〇〇生命保険会社や〇〇銀行だったら、延期しない可能性があります。

もしそれが事実だったら納得できないのですが、やはり一番に納得できないのは、HNKに抗議した日本郵政の幹部の方です。

HNKの番組には保険の販売に関する、保険契約者の怒りの声や、現場の郵便局員の不満の声が寄せられたのに、よく抗議できたと思います。

少し前に韓国の政治家の方が、「盗人猛々しい」(悪事や盗みをはたらき、それを咎められても、ふてぶてしい態度をとったり、逆に居直ったりする様を、罵る時に使う言葉)と、日本を批判しておりました。

なお韓国の政治家の方は、「賊反荷杖」(泥棒が罪もない人にムチをふるう)という四字熟語を使っていたのですが、これを「盗人猛々しい」と翻訳すると、少しニュアンスが変わるという意見があるようです。

いずれしろ「盗人猛々しい」という言葉は、日本を批判する時に使うより、日本郵政の幹部の方を批判する時に使った方が、適切ではないかと思うのです。

日本郵政は現在、外部の弁護士3名で構成される特別調査委員会を設置して、保険の不適切販売に関する、実態調査を進めておりますが、こういった幹部の元で進められる調査に、信憑性はあるのでしょうか?

また数ヶ月後には、調査結果が公開されると思いますが、「まだ何か嘘をついているのではないか?」、または「まだ何か隠しているのではないか?」などという、疑いを持つ方が続出して、簡単には収束しないような気がするのです。

例えば平成17年(2005年)に、かなり多くの生命保険会社がかかわった、保険金の不払い問題が発生した際には、再調査をするたびに不払いの件数が増えたため、すべての調査が終わるまでに3年くらいかかりました。

信頼を回復するまでには、更に長い期間がかかったので、保険の不適切販売に関しても、完全に収束するまでには、何年もかかるのかもしれません。

そういえば保険の不適切販売が問題になる前は、金融機関が高い販売手数料を得るために、顧客のニーズに合わない外貨建て保険を販売していた事が、問題になっておりました。

こちらの問題も収束したとは言えず、いつ再炎上してもおかしくない状態なので、保険のトラブルに巻き込まれたくない方は、当面は郵便局と外貨建て保険に近づかない方が良いと思います。
posted by FPきむ at 20:13 | 保険について思うこと、考えること | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする