2017年06月23日

「ぼったくり商品」はいずれ淘汰されるが、それまでには期間がかかる

平成29年(2017年)6月22日のサンケイビズを読んでいたら、生保各社、外貨建て保険投入相次ぐ 明治安田生命が参入 高利回り期待でと題した、次のような記事が掲載されておりました。

『生命保険各社が外貨建て保険商品を相次いで投入している。明治安田生命保険は22日、外貨建て保険に参入すると発表した。

日銀のマイナス金利政策導入以降、運用難が続く中、高齢者の資産形成ニーズに応え、各社は少しでも高い利回りが期待できる外貨に活路を見いだした形だ。

明治安田は8月から、銀行窓口で米ドルまたは豪ドル建ての一時払い終身保険を発売する。米ドル建ての一時払い養老保険も営業職員を通じ販売。初年度に計約3千億円を目指す。

外貨建てではこのほか、太陽生命保険が7月、銀行窓口で個人年金を発売する。日本生命保険は10月、営業職員を通じ、傘下の三井生命保険の商品の取り扱いを始める。

第一フロンティア生命保険は今夏にも新商品を発売。住友生命保険は三井住友銀行で先行発売した商品を7月ごろから地方銀行でも売り始める。

マイナス金利導入後、貯蓄性商品は予定利率の確保が困難となり、販売停止が相次いだ。

各社は外貨建て保険に注力した結果、日本生命の推計では、平成28年度に銀行窓口で販売した外貨建て保険の収入保険料は約3兆円となり、24年度に比べ3倍に伸びた』

以上のようになりますが、外貨建て保険の問題点については、ちょうど1年前くらいから、様々な金融関係の評論家が、繰り返し指摘しております。

その評論家の中には、外貨建て保険の手数料の高さとわかりにくさから、「ぼったくり商品」と批判する方もいるのです。

また金融庁もその点を問題にしており、外貨建て保険を販売する銀行などに対して、手数料の開示を求めましたが、これについては6月1日のブログを参照して下さい。

しかしこの記事に記載されているように、生命保険各社は新商品の投入を予定している、つまりまだ売れると思っているので、外貨建て保険をめぐる状況に、あまり変化は見られないようです。

その一方で様々な金融関係の評論家が高評価をしている、個人型の確定拠出年金(愛称は「iDeCo」)は、ほとんど知られておりません。

例えば平成29年(2017年)2月7日のNIKKEI STYLEには、「iDeCo、知らない」8割超 投資知識の不足も鮮明という記事が掲載されており、その一部を紹介すると次のようになります。

『QUICK資産運用研究所が約5000人を対象に実施した「個人の資産形成に関する意識調査」によると、今年1月からほぼ全ての現役世代が加入できるようになった個人型確定拠出年金(DC)「iDeCo(イデコ)」について「知らなかった」と答えた人が全体の8割超を占めた』

以上のようになりますが、個人型の確定拠出年金があまり知られていないのは、なんとなく理解しておりました。

しかし8割超(正確には「81.5%」)の方が知らないという現実には、かなり驚きを感じました。

ところで社会学者のエベレット・M・ロジャースは、消費者を次のような5つのカテゴリーに分類し、新しい商品などが発売された場合には、(1)から(5)の順に採用されていくとしております。

(1)革新者(全体の2.5%を構成)
冒険心にあふれる、最も早い時期に新しい商品などを採用する消費者

(2)初期少数採用者(全体の13.5%を構成)
新しい商品などの情報収集を積極的に行い、自分に有益かを判断する、オピニオンリーダー的な役割を果たす消費者

(3)前期多数採用者(全体の34.0%を構成)
新しい商品などの採用には、比較的に慎重派であるが、平均より早くに採用する消費者

(4)後期多数採用者(全体の34.0%を構成)
周囲の大多数の方が、新しい商品などを試している場面を見てから採用する、かなり慎重派の消費者

(5)採用遅滞者(全体の16.0%を構成)
世の中や流行の動きに関心が薄い、最も保守的な消費者

以上のようになりますが、これを見るとわかるように、様々な評論家が高評価をする個人型の確定拠出年金であっても、それが普及していくまでには、ある程度の期間がかかるという事だと思います。

それと同じように様々な評論家がぼったくり商品と批判する、外貨建て保険が淘汰されるまでには、ある程度の期間がかかるのではないでしょうか?

つまり良い方向への変化であったとしても、社会は急激には変わらないのです。

また評論家が指摘する外貨建て保険の問題点(例えば解約した時や、保険金を受け取った時の為替レートによっては、元本割れが起きる)が、少しずつ顕在化していき、それが口コミなどを通じて多くの方に知れ渡った時に、変化が訪れそうな気がします。
posted by FPきむ at 20:24 | 保険について思うこと、考えること | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする